派手なアロハシャツは目立ちたいあなたにおすすめ

アロハシャツの特徴の一つは目立つということ、それがいいところでもあり、いまいち流行らない原因でもあります。

でもたまには派手なアロハシャツを着てみるのもいいものです。特に沖縄やハワイのような南国に行くときは少しくらい派手なシャツを着てみてもいいんじゃないですかね。シャツだけでみると派手な柄でも着てみるとわりかし馴染むし、気分もあがります。

今回はそんな派手で個性的なアロハシャツの中で今手に入るものをピックアップしました。

サンサーフスペシャルエディション 宝船

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2014 SunSurf Special Edition Sun Surf Special Edition TAKARA-BUNE 【smtb-k】【kb】
価格:24840円(税込、送料無料) (2018/9/17時点)

 

楽天で購入

 

これまで見たことあるいろいろなアロハシャツの中でも、これはかなり派手な柄の一つ。

このシャツは、初めて「アロハシャツ」という名前が広告に使われたことで有名なMUSA-SHIYA LTD.のビンテージのシャツをサンサーフが復刻したもの。

サンサーフは日本の代表的なアロハシャツメーカーで、過去の本物のアロハシャツを数多く復刻している。アロハシャツが好きな人ならだいたいサンサーフのシャツを一つは持っているのではないでしょうか。

宝船の絵を正月に枕の下に入れて寝るとよい初夢がみられるという風習があるように、このシャツを着るだけでいいことがありそう。

サンサーフ ハレ・ハワイ社復刻 スペシャルエディション LAND OF ALOHA

これもアロハシャツファンの中では有名な柄をサンサーフが復刻したもの。

オリジナルのシャツはなんと21色もの色を重ねて日本で作られた生地をハワイで縫製し作成されていました。

21色というのは現在では驚異的で色数で、現在ではそれほどの多くの版をずれないように重ねることのできる技術を持った職人は少ないそうです。

当時(1950年台)の京都には腕のある職人がたくさんいたことに加え、今と比べて円が弱かったことで相対的に破格の安さで依頼することができたことの2点があったからこそできた生地といえます。50年以上たった人気がある柄なのも当然です。

また2000年にハワイ観光協会などがスポンサーとなって観光キャンペーンを行った際に、この柄がポスターに使われました。

数ある作品の中でも最もアロハシャツらしい柄として選ばれたのでしょう。

コナベイハワイ サーファーズオレンジ

※シャツ画像がなかったのですが同じ柄でハンカチが出てました。

私のお気に入りのアロハシャツブランド、コナベイハワイのオリジナルの柄。

サーファーの背景の波をオレンジと緑色にするのは斬新でおしゃれな配色です。(アロハシャツの中でも有名な柄の一つゴーギャンウッドカットを参考にしたそうです)

見たことないような新しい柄なのと同時に、個性的でかっこいいシャツです。

ここで紹介したサンサーフやコナベイハワイのアロハシャツは下でも紹介してるので興味ある方はぜひ。

本当にそのアロハシャツで満足?アロハ好き必見!厳選ブランド11選

今回は派手めな個性的な柄をいくつかピックアップしました。白や紺など無難なシャツもいいですが、たまには派手な柄のシャツを着てみると気分も変わるのでぜひ。